読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながろうねっト

つながろう!世界の日本語教師

クラウドファンディングが始まりました!ご協力をお願い致します。

2016年7月につながろうねっトが共催する「言語教育の『商品化』と『消費』を考えるシンポジウム」に非常勤講師、語学学校教師、若手研究者など、たくさんの方々に参加していただけるよう、「助成金」を出したいと考えております。シンポジウムでの議論に多様な立場の方々に参加していただきたいというのが私たちの考えです。

その「助成金」を実現するために、クラウドファンディングをスタートしました!

目標金額は10万円、3月1日23:00まで支援の募集を行います。

 

プロジェクトのページはこちら(↓)のリンクをクリックしてください。

 


クラウドファンディングとはインターネット上で行う資金調達の仕組みです。
インターネットを通じてたくさんの人々に少額の資金提供を呼びかけ、
目標額に100%まで到達した場合のみ、そのプロジェクトの実行が決定するというものです。


公開期間終了までに目標金額が集まらないと私達に1円も入らない仕組みとなっております。

 

教育実践は教師達の日々の営みから生み出されていくものであり、現場の教師達の視点なしに議論をすることはできません。しかし、実際のところ、経済的援助が少ない‟貧しい言語教師”にとっては、日本国外で開催されるシンポジウムに参加することは難しく、参加を断念せざるをえないという現状があります。そのため、これまで国際シンポジウムというと、経済的にゆとりのある研究者達の自身の研究成果発表の場となり、現場の教師がその議論に参加することが難しかったのではないでしょうか。

 

そこで、クラウドファンディングを通して、本シンポジウムに興味があり参加したいと考える実践者や若手研究者たちに助成金(香港内の参加者5,000円・香港外の参加者3万円)を出し、シンポジウムへの参加を促したいと考えています。

 

そうすることにより、実践者・研究者、常勤・非常勤教師、母語話者・非母語話者、コースディレクター、学校経営者などの多様な視点から、どのように私達が言語教育の商品化と消費に向き合っていくのか、議論を深めることができるのではないかと考えています。

 

このプロジェクトをより多くの方に知っていただくために、
ぜひ「シェア」や「いいね!」で拡散していただけないでしょうか。
みなさんの応援が、力になります。
どうかご協力よろしくお願いします!

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村